CATEGORY:● お知らせ

2019年04月13日

ミルフリHMMWV!

こんにちは!スタッフのKです。

このたび、MIL-FREAKSではM1044 HMMWV(ハンヴィー)を以前より親交のあった
U.E. ARMY様より引き継がせていただくことになりました!

元オーナーのU.E. ARMY様(以下Uさん)とは約10年ほど前に活動していた本格的な陸一般装備チームで知り合い、
そのミリタリーへのこだわりやハンヴィーへの情熱にはいつも影響を受けていました。

当初、UさんはH1 ハマーからの本格的なハンヴィー化改造を行っており、実物のハンヴィーから採寸をしてスラントバックやウエポンステーションを再現するなど爆発的な情熱を注いでおられました。


第一回ハートロック in 岩船山で3RD INFとして参加した時のH1
一部の方は興奮するであろうハートちゃんが写り込んでいます!

当時、MIL-FREAKSがまだ無い頃、初めて生で見るハンヴィーの無骨なフォルムから醸し出される
圧倒的な迫力は今でも強く印象に残っています。
その時の気持ちは私自身のミリタリーへの興味の核となる部分であり続けています。

H1で再現したボディは軽いから実物のように車体が沈まない、とか50 Cal.の積載が強度的に難しいとか、
ここまで完璧に仕上がったH1を前にしたUさんの呟きを、呆れるような、でも「こうでありたい大人像」のような気持ちで聞いていました(笑)

その後、必然というべきか実物のハンヴィーを所有され、ハートロックやイベントなどでは実車を前に色々とお話を伺ったり、体験させていただいたりと私自身も大変思い入れのある車両でした。

いつ見ても完璧な状態で維持され、ドアを開けたらミリタリーの世界が広がっている「どこでもハートロック」な状態に妥協なく仕上がっているこのハンヴィーは、何度見ても飽きないどころか見れば見るほど、引き込まれていく車両でした。

見た目のインパクトに気が向きがちですが、個人的にハンヴィーの好きなポイントは音です。
ドアの開閉、ウエポンステーション、スラントバック、色々なところで鳴る部品の音が、本物の軍用車の音という感じがして(実際そうですが)その音を聞きながら手に触れる実物のハンヴィーは自然と気分が高揚します。
エンジン音も当然H1のものと異なり、低く力強い音は大変近所迷惑ですが
これだけでご飯を食べれそうなほど魅力的なサウンドです。
イベントなどで実際にハンヴィーの音を聞きたい方はお気軽にお申し出くださいね!

閑話休題
U.E. ARMY様がそのハンヴィーを手放すという話が出た当初は、タイミングが突然であったため正直躊躇がありました。
しかし、忠実に本物だけで揃え、特にここまで「ミリタリーの視点で総合的に構築された車両」は日本に当車両のみであることを知っていましたので、引き継がせていただくことになりました。

引き継ぐ理由の一つに、大小問わずミリタリーホビー業界のイベント/撮影会に出ても違和感の無いハンヴィーが一台無くなってしまう可能性への危惧がありました。

イベントでこの車両を見かけた時のユーザーの方々の笑顔や気持ちの昂ぶりを何度も感じておりましたので、当業界から手離してはいけないものと強く感じました。

私もミリタリーホビー業界に身を置く者として、この車両は当業界のお客様のために使うべきと考えています。
自分自身が感じた、この車両を見た時や一緒に写真を撮った時の気持ちを少しでも多くのお客様に感じていただく事が、この車両を所有する一番の理由です。


自家用車が無くなってしまいハンヴィーでヨーカドーに行くわけにもいかず、しばらくは健康的な生活を送ることになりそうですが、元オーナーのスピリットはそのままに、大切に活用させていただきたいと思います。
装備系イベントに参加される方は、より一層ハンヴィーが身近になってくるとおもいますので、
イベントなどで見かけた際はお気軽にお声掛けください。
MIL-FREAKS、ミルフリハンヴィーともに今後とも宜しくお願い致します!

また、このプロジェクトはUさんの全面的なバックアップ無しでは到底実現不可能でありました。
改めて御厚意に心から謝意を表します。ありがとうございました。


本当にお疲れ様でした。

2019年4月13日
MIL-FREAKS





同じカテゴリー(● お知らせ)の記事
2019年 新年のご挨拶
2019年 新年のご挨拶(2019-01-05 20:11)

メリークリスマス
メリークリスマス(2018-12-25 22:57)

“ PEACE COMBAT ” 9月号
“ PEACE COMBAT ” 9月号(2018-08-01 23:08)


Posted by ミルフリークス  at 18:38 │Comments(0)● お知らせ

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


 ブログパーツ